有限会社 大杉組

乳酸菌発酵の三次産竹パウダー【くびっ竹】販売

商品カテゴリ

HOME»  竹パウダー「くびっ竹」使い方

竹パウダー「くびっ竹」使い方

田畑に使う場合

 

生の有機物である竹パウダー「くびっ竹」は、

2~3L/m2を目安に
土の表面に撒いて有機物マルチとして使用するか、
表層の土と軽く混ぜて使用して下さい。
 
10cm以上深くすき込む場合は、

表面に散布してからすき込むまでの期間を
できるだけ空けて下さい。

プランターで使用する場合

土10Lに対して竹パウダー「くびっ竹」1L
を目安に混ぜて使用するのが効果的です。
 
もちろん表面に撒いてご使用いただいても結構です。

竹パウダー「くびっ竹」を使用する事で、
生育が良く虫食いが少なくなります。
 
植えつけ前に、元肥といっしょに入れます。
   (根もとから少しはなして)
ビオラの葉が力強く育っています。  

まぜなくてもイイ!ぬか漬けに使う場合

 

竹パウダー「くびっ竹」を使うことで、
なんと「混ぜなくてもいいぬか床」を作ることが出来ます!
 
肝心の味も糠臭さが少なく、アッサリとした味に漬かると好評です!
 
材料・分量については下記を参考にしてください。
 
■ぬか床の作り方                     
                   
  1.材料      
              米ぬか
竹パウダー「くびっ竹」

水 (一度沸騰させてさましたもの)
250g
250g(約2リットル)
75g
1リットル                         
   
  2.まぜる    
  タッパーに米ぬかと「くびっ竹」を入れ、
塩を溶かした水を少しづつ注ぎながら混ぜあわせます。

 
 
  3.完成
 
 
  お好みでトウガラシ(2本)、昆布(2枚)、生姜(20g)を入れると
更においしくなります。
  

生ごみリサイクル

家庭での堆肥作りに使っている方へ

ご家庭からでる生ごみを有効活用して、
堆肥作りを始めよう!
バケツで簡単に作ってみました。

           準備するもの 容器(バケツ等)  
  通気性のよい布カバー
  布カバー固定用のヒモ
  「くびっ竹」 容器の1/3
  生ゴミ  
     
         1.  容器に3分の1の「くびっ竹」を入れ、布カバーで蓋をします。
   
         2.  毎日、生ゴミを入れてかき混ぜます。下のほうもよくかき混ぜます。
                                             2週間ぐらい
         3.  容器がいっぱいになったら生ゴミを入れるのをやめます。
   
          4. 土:肥料 4:1 の割合で混ぜ、野菜や花づくりに使います。